【カスペルスキー】Windows10でインストールとかに失敗して悩まされた【Kaspersky】





1 現象

Windows10にしてからやたらとトラブルが多発した。

1.1 Windows10のbashでインストールとか起動に失敗する

Windows Subsystem for Linux」の有効化や同システムを使用してのapt-get等のコマンドに失敗する。

1.2 VirtualBoxが起動出来ない

VirtualBoxとかVagrantとかで起動してもネットワークがダメダメだったりする
ブリッジ接続ができなかったり、ネットワークアダプタにVirtualBoxの機能をインストールできない。

1.3 VMWareが起動出来ない

VMWareで起動してもネットワークがダメダメだったりする
ブリッジ接続ができなかったり、ネットワークアダプタにVMWareの機能をインストールできない。

2 原因と対策

犯人は「Kaspersky」あんただ!!

2.1 とりあえず無効にする

古典的な手ですが、とりあえず無効にします。Windows10 linuxの場合はこれで解決した。

2.2 セルフディフェンス

ディーフェンス!ディーフェンス!
セルフディフェンスという機能がカスペルスキーにあるので、設定画面から無効にしましょう。
これでVirtualBoxとかVMWareはどうにかなると思います。

2.3 アンインストール

アンインストール!アーンインストール!
WindowsDefenderに全てを任せてカスペルスキーをウゥア゛ーっと破壊しましょう。






You may also like...